1/3
401815_l.jpg

訪問看護ステーション春の詩は、札幌の訪問看護認定看護師がいる訪問看護ステーションです。
支援が必要な方に必要なサービスをご提供できるよう、医療介護・パーソナル看護サービス・教育支援にも力を入れております。

桜1.png
桜3.png
桜9.png
桜7.png
桜8.png
桜6.png

いつでも、いつまでも

「わたしらしく」「あなたらしく」過ごすことが出来る社会をつくる

一員になる

 

理念「自立・自律支援」

病気になったから、障害があるから、認知症になったから、我慢する

どうしていいかわからないから、何がいいかわからないから、医師や病院におまかせする

家で何かあったらどうしたらいいの? ずっと不安です

多くの人に出会い、訪問看護師としてお手伝いをさせて頂き、たくさんのことを学ばせて頂きました。

その中で、私が感じたことは、痛みや苦痛を取り除き、環境を整え、適切な情報提供がなされることで、人は自ら健康になるための方法を考え、選び、行うことができるということです。だから、これからも人のもつ力を信じ看護を行います。

 

また、当ステーションが考える、自立・自律支援とは、体と心のケアを行い、正しい情報を看護師が忖度することなく提供し、何を選んでも大丈夫と思える環境を整え、安心して自分の希望を伝え、実践することが出来る支援です。

訪問看護とは

905920_m.jpg

病気や障がいがあっても住み慣れた家や地域で暮らし続けたい方、家族だけでの介護や医療的ケアの難しい方、一人暮らしで不安を抱えている方などに適切な医療支援を行います。

主治医からの指示を受け看護師・保健師、理学療法士等がお宅に訪問し、健康状態の悪化防止や回復に向けてのお手伝いをします。その方の病気や障がいに応じ、病院と同じような医療処置も行います。

 

サービス内容

訪問看護ステーション春の詩では次のようなサービスを提供しています。

療養上のお世話

身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導

医師の指示による医療処置

かかりつけ医の指示に基づく医療処置

病状の観察

病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック

医療機器の管理

在宅酸素、人工呼吸器などの管理

ターミナルケア

がん末期や終末期などでも自宅で過ごせるよう適切なお手伝い

床ずれ予防・処置

床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て

在宅でのリハビリテーション

拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等

認知症ケア

事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス

ご家族等への介護支援・相談

介護方法の指導ほか、さまざまな相談対応

介護予防

低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス

(1)訪問看護サービスを受けるには、主治医の「訪問看護指示書」が必要になります。指示書の依頼、受け取りは事業所が行います。

(2)訪問看護サービスを継続するためには、主治医の医療管理(訪問診療、往診等)を受けている必要があります。

(3)訪問看護サービスは介護支援専門員の居宅サービス計画(ケアプラン)に基づいて訪問回数が決められます。

(4)事業所は月1回「(介護予防)訪問看護計画書」と「(介護予防)訪問看護報告書」を主治医に提出することにより連携を図ります。容態の変化がある場合は、随時報告し指示を受けて訪問看護を実施します。

(5)訪問看護サービスの訪問予定は、他の利用者の容態急変等やむを得ない理由によって、日時が変更する場合もありますのでご了承ください。

 

訪問看護を頼みたい場合

訪問看護は介護保険・医療保険のいずれかを利用する場合、健康状態や年齢によって適用される保険や内容が異なります。

介護保険をご利用の方

ご利用を希望されていて「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、各自治体の地域包括支援センターや担当のケアマネージャー、または当ステーションまでご相談下さい。

医療保険をご利用の方

①要支援・要介護者

  • 厚生労働大臣の定める疾病等の方

  • 特別訪問看護指示書が交付された場合

  • 精神科訪問看護指示書が交付された認知症以外の精神疾患患者

②非該当者(要支援・要介護に該当しない方)

③要介護認定未申請の方

④64歳までの医療保険加入者と家族

かかりつけの医療機関、もしくは当ステーションまで相談ください。お医者様が交付した「訪問看護指示書」に従い、必要なサービスを提供します。

料金は介護保険利用と医療保険利用の場合で異なりますのでご利用をお考えの際は、お気軽にお問い合わせください。